初診時における、画像診断の意義

2017年8月31日

こんにちは!河原です。
最近感じるのは、新患さんがインプラントのセカンドオピニオンを求めてお越しになる事が増えてきたように思います。
インプラントに特化したことで、いろいろな局面において、インプラントのメリット、デメリットを
包み隠さずお伝えする姿勢が、口コミを呼んでいるのでしょうか。
以前、初診無料カウンセリングでは、パノラマエックス線画像を元に診断していました。
しかし、最近は、前医に骨が薄く無理だと言われたとか、神経に近いから専門のところに見てもらいなさいとか、
パノラマエックス線画像だけでは診断がなかなかできなくなってきました。
そこで必要となってくるのが、CT画像という事になります。
必ずしも必要ではないですが、上顎洞にアプローチしないといけないケースとか、
下顎の奥歯のあたりの神経の走行を診断する際、圧倒的に便利です。
先日、頭がい骨全体を撮影できる、新型のCTを導入しました。
確定診断に非常に役に立つので、導入してよかったです。
ちなみに、CT撮影装置があるからと言って、技術が上がるわけではありません・・・。
技術は、日々の研鑽にかかっていますね。特に、外科手技に関しては、
症例数は少ないより、多いほうが、治療法の引き出しが多いことはお分かりになりますよね。

無料初診カウンセリングのご予約・ご相談
お電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ