インプラント

インプラントの種類

一口にインプラントといっても、インプラントにはたくさんの種類があるのはご存知でしょうか。
インプラントは世界中に100種類以上存在していて、そのうちの30種類程度が日本でも流通しています。
世界中で幅広く採用されているものは、
・ブローネマルクインプラント
・ITIインプラント
・アストラテックインプラント
と言われ、これらは世界三大インプラントと呼ばれています。
単純にたくさん採用されているのが良いインプラントというわけではありませんが、評価が高く、信頼性が高いということのひとつの指標にはすることができます。
もちろん国産インプラントメーカーも存在します。国産インプラントのシェアトップはPOIインプラント(京セラ)です。

インプラントの種類

当院で使っているインプラントはアストラテック社(スウェーデン)のアストラインプラントです。
アストラテックは歯科医療大国アメリカのニューズウィーク誌に掲載されるなど、世界的に評価を受けています。このシステムは、アメリカ歯科協会(ADA)の厳しい基準をクリアし、認証されています。この基準をクリアしているシステムは世界でも数えるほどしかありません。

インプラントの種類

アストラインプラントの特徴を紹介していきます。

1.骨との結合の早さ

アストラインプラントは世界で唯一、化学的に改質したチタン表面を使用しているため、埋入直後の骨の治癒を促進して、プロセスを迅速化することができます。通常2~3カ月、長ければ6カ月といわれている治癒期間が、6週間に短縮されます。

アストラテックインプラント

2.骨吸収量の少なさ

アストラインプラントは、マイクロスレッドと呼ばれる構造によって周囲の骨の吸収を抑えています。インプラントを長期間にわたって快適に使っていくためにも、インプラントを支える骨が吸収されづらいことは大きなメリットです。
また、インプラントには天然歯と違い、歯茎の防衛機構がありません。しかし、アストラインプラントはその構造によって歯茎の防衛機構のようなはたらきを実現し、歯茎が下がることを防ぎます。つまり、この特徴は審美的な面においても重要であるということです。

3.信頼性が高い

アストラテック社は日本で言うところの公社にあたります。
インプラントとは何十年も付き合っていくことが理想ですので、修理が必要になったときに部品が作られていなければ困ったことになります。そのため、メーカーへの信頼も考えなければなりません。
また、アストラテックインプラントは、その歴史や研究実績からドクターからの評価が非常に高いです。
インプラントは、自分の体内に埋入し、何十年も使っていくものですから、信頼できるものを使わなければなりません。

アストラテックインプラントで安心のインプラント治療を提供いたします。

無料初診カウンセリングのご予約・ご相談
お電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ