サイナスリフト・ソケットリフト

サイナスリフトとは

インプラント治療を断られる理由として多く挙げられるのが、歯を支えている骨(歯槽骨)の厚みが不足していることです。
この問題は、上顎で起こることが多いのですが、それを解決するひとつの方法がサイナスリフトです。

上顎から抜歯をしてしまうと、その部分の歯槽骨が、歯肉側からと上顎洞側から吸収され薄くなっていきます。この状態のままではインプラント治療はできないので、治療が断られることも多いです。

サイナスリフトは、歯茎を切開し、下がってきた上顎洞粘膜を横から持ち上げ、吸収されてしまった分の骨を移植する方法です。骨を移植することで、インプラントが固定できるほどの骨の厚みを回復させます。
基本的には、インプラントを埋めこむ手術と同時に行うことはできないので、歯を入れるまでの期間は少し長くなってしまいますが、通常5~8カ月程度です。

サイナスリフトとは

ソケットリフトとは

ソケットリフトの基本的な考え方はサイナスリフトと同様です。歯槽骨が吸収されてしまった分下がってきた上顎洞粘膜を持ち上げ、もともと歯槽骨があった部分に骨を移植します。
サイナスリフトと異なる点は、歯が生えていた穴から上顎洞粘膜を持ち上げ、骨を移植するという点です。歯茎の切開をする必要がありません。

ソケットリフトとは

どこの医院でもできるのか

ただし、このサイナスリフトやソケットリフトは歯科医であれば誰でもできるような手術ではありません。
上顎洞粘膜は非常に薄い(ゆで卵の薄皮程度)ので、繊細な技術が必要になります。

当院は、年間で300本を越えるインプラント植立実績があり、その実績に裏打ちされた高度な技術を持っています。他院でインプラント治療を断られてしまった方でも、当院であれば治療することができる可能性があります。

無料初診カウンセリングのご予約・ご相談
お電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ