インプラント

歯を失ったままでのリスク

放置した場合のリスク

歯が抜けたままで放置している人はいませんか?
歯が抜けてもこれまでとほとんど変わらずに食事ができているのでそのままにしているという人は意外にたくさんいます。
これは実はかなりリスクが高いことです。
そのリスクとは、「咬み合わせが崩れる」というリスクです。

歯を失ったことで、やはり見た目が気になるという方が多いですが、咬み合わせのバランスにも注意しなければなりません。
1本の歯を失うと、まるで失った部分を補うかのように、両隣の歯は傾き、失った歯と咬み合っていた向かいの歯が伸びてきます。こうして徐々に咬み合わせが崩れていきます。
咬み合わせのバランスが崩れると、顔の輪郭が変化してしまったり、歯並びが悪くなってしまったりする可能性があります。つまり、1本の歯だけの問題ではなくなってしまうということです。

このように歯を失ったまま放置しておくことが与える周囲への影響はとても大きいです。
歯を失ったままにせず、インプラントで補うことは周囲の歯を守るということでもあります。

放置した場合のリスク

無料初診カウンセリングのご予約・ご相談
お電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ