インプラントメンテナンス

インプラントメンテナンス

必要性

インプラントはきちんと埋め込むだけで一生涯使えるものではありません。
きちんと埋め込むのと同じぐらい、インプラント治療終了後のメンテナンスが大切になってきます。

インプラントは天然の歯と違い、虫歯にはなりません。
しかし、インプラントに付着した汚れや口腔内の環境の悪化によって、歯周病のように粘膜が腫れ、細菌が入り込んでしまう「インプラント周囲炎」という病気になることがあります。
この「インプラント周囲炎」はインプラントを支える骨にまで炎症が達した状態で、非常に危険です。
まず、放っておいても自然に治ることはありません。早めの処置が大切となりますが、インプラントを摘出しなければならない場合もあります。
また、歯周病の原因となる細菌が増殖することになるので、他の歯にも影響を与えます。さらには、その細菌が歯茎の血管を通じて、全身に影響を与えることもあると言われています。

この「インプラント周囲炎」を防ぐには、適切なメンテナンスしかありません。
自宅での正しいセルフケア、定期的なプロケア、検診・クリーニングを実践して、いつまでも快適にインプラントを使っていきましょう。

インプラントメンテナンス

無料初診カウンセリングのご予約・ご相談
お電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ