CTへのこだわり

CT完備

当クリニックは、日本製で最上位機種の歯科用CTを導入いたしました。

歯科用CTは、頭頚部に特化したX線装置で、特に口腔・歯科領域の診断に絶大なる威力を発揮する機械です。歯科では、おもにインプラント治療の術前検査においてよく撮影されます。現在では、インプラント治療における術前のCT検査は世界的な常識となりつつあります。

しかし、インプラント治療を経験したことがある患者様が増えてきたとともに、インプラント治療に関連する失敗などのトラブルが増加していることも事実です。

そのため、安全にインプラント治療をおこなうためには、治療前だけでなく、インプラント植立後の状態もCT撮影をおこない、3次元的に計画通りにインプラント治療がおこなわれているか、検査することが重要視されています。それには、歯科用CTを設置した歯科医院にてインプラント治療をおこない、施術後すぐに検査をおこなうことが、安全なインプラント治療の第一歩であると考えられます。

しかし、現在の日本の歯科医院において、歯科用CTを完備している歯科医院は、大学病院や一部の歯科医院に限られており、全国の歯科医院の約1%未満にとどまっているのが現状です。

当院の採用するCTは座位で撮影します。
メリットは、撮影時患者様に負担をかけず、動きにおけるブレを最小限に抑え撮影することができるため、再撮影のリスクが軽減されます。また、近年の歯科用CTは、画像解析ソフト の進化により、医科用CTに比べて、驚くほどの低被ばくと、精密性が格段に進化しています。

また、わざわざCT撮影センターなどに行くことなく、院内で素早くお口の中の環境を撮影できることもメリットの一つです。

インプランター

インプラント治療を成功させるためには、歯科医師の技術が必要です。また、インプラント手術で使うインプランターと呼ばれる専用の器機が必要になります。翔デンタルクリニックでは、最新のドイツkavo社製の エキスパートサージLUXを使用しています。

無料初診カウンセリングのご予約・ご相談
お電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ