インプラント

インプラント治療とは

インプラント治療とは

インプラントとは失った歯を人工の歯で補う治療方法のひとつです。
その特徴は、
・高度な機能性
・優れた審美性
・違和感が少ない
・周囲の歯を傷つけずに済む
・高い耐久性
などが挙げられます。

インプラント治療とは

一番の魅力は、歯本来の機能と見た目を回復できるというところにあります。
機能性に関して、インプラントよりも優れる治療法は現在のところありません。
また、違和感が少ないことも特徴のひとつです。食事の際には、自分の歯と同じように噛むことができ、天然の歯とほとんど変わらない感覚を再現できるため、違和感を感じることはほとんどありません。
失った歯を人工の歯で補う方法は他にもありますが、健康な歯に負担をかけずに補うことができるのはインプラント治療のみです。そのため、インプラント治療を選択するということは周囲の歯の寿命を延ばすということにもなります。もちろんインプラントそのものの寿命も他の治療法に比べるととても長くなっています。
インプラントが第二の永久歯と呼ばれるのはそのためです。

インプラントの安全性

インプラントはほとんどがチタン製です。チタンは生体親和性が高いことで知られ、人体と強固に結合します。もちろん金属アレルギーの心配もまずありません。

インプラントの信頼性

一般的に、入れ歯は4~5年、ブリッジは7~8年と言われているのに対し、インプラントは治療後10年の残存確率が96%、治療後20年の残存確率でも90%と言われており、治療方法として高い信頼を獲得しています。
第2の永久歯として日々進歩し続けている治療法です。

インプラントがより豊かな人生へ

歯を失ったことによる不快感、精神的ストレスなどは計り知れないものがあります。また、歯を失うということは、必然的に食事を楽しむことが難しくなります。
インプラントによって、失った歯を補うことで、これらのネガティブな要素から解放され、より豊かな人生を手に入れることができます。
インプラントであれば、煩わしい手入れなどもなく、より豊かな人生を享受することが可能です。噛む喜び、笑う喜び、話す喜びを再び手に入れて、健康的な日々を!

無料初診カウンセリングのご予約・ご相談
お電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ